ハイドロキノン シミ

ハイドロキノンはメラニンの発生を抑制する

シミを消したいなら・・・

ハイドロキノンはメラニンの生成を妨げる効果が高いため、シミを消す効果があるんです。肌は常にターンオーバー(基礎代謝)を繰り返しているため、本来なら自然にシミは消えてしまうはずなのですが、勝手に消えることはほとんど(全く?)ありませんよね。メラニンの発生を抑えれば、シミが新しく出てきてしまう可能性も下がり、今あるシミも消えていくことでしょう!

 

ハイドロキノンで消えるシミの種類

老人性色素斑

紫外線によりできてしまったシミです。
早ければ30歳になる頃に出てきますが、
40歳以降に出てくることが多いです。
シミはくっきりしていて、濃い褐色をしています。
おじさんで顔に1cmぐらいの大きなシミがくっきり目立っている人がいますよね?
あれが老人性色素斑です。

 

炎症後色素沈着

何らかの炎症が起きたことによりできてしまったシミのことです。
赤茶色をしています。
火傷やニキビ、美容皮膚治療、虫さされも原因になります。
炎症後に色素沈着が起こり、シミになります。

 

そばかす

紫外線を浴びすぎたり、スキンケアを間違ってしまうと、濃くなります。
ビタミンCが薄くすると言われています。

 

肝斑

口の周辺や額に、シミが左右対称にできてしまう特徴を持っています。
薄い褐色で、広範囲に広がっています
肝斑はレーザー治療では悪化すると言われています。
飲み薬が有効な治療方法です。
トラネキサム酸を成分とするトランシーノが肝斑に有効であると認められた唯一の飲み薬です。

 

頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

顔の中で目立つシミ。化粧品の美白成分で薄くできることはご存じですか?美白成分

ハイドロキノンでシミを消す!?関連ページ

副作用
効果
コスメ
クリーム