ハイドロキノン 副作用

ハイドロキノンの副作用は?漂白効果による美白効果

ハイドロキノンは、非常に効果の高い美白成分です。
その効果の高さから、病院でのシミ治療に使われる塗り薬にも使用されているほどです。
しかし一方で、比較的副作用が出やすいので、
ハイドロキノン入りの化粧品は、それほど多くのメーカーから出されているわけではありません。

 

ハイドロキノンの副作用としては、
肌につける成分としては強い刺激を持つものであることから生じる、

かゆみ
赤み
かぶれ
腫れ
肌荒れ

などがあり、人によっては非常に重くなることがあります。
本来シミを薄くするために使用している成分ですが、
スキントラブルが出たのに、それを押して使い続けることにより、
トラブルのある箇所に色素沈着を起こしてくることもあります。
ハイドロキノン入りの製品を使用して、
使用箇所に異常を感じたら、すぐに使用を中止して皮膚科医の診察を受けましょう。

 

また、ハイドロキノンは極めて高い漂白効果を持っているため、
使用箇所の色素が抜けて白斑になってしまうことがあります。
これは、いったん起こってしまうと、治療が極めて困難な副作用です。
これは、医療用などの、高い濃度での使用で、比較的起こりやすいとされています。

 

現在わが国では、化粧品へのハイドロキノンの配合割合を4パーセントまでと定めています。
このレベルであれば、白斑などの重い副作用は、まず起こらないとされているからです。
ハイドロキノン入りの化粧品を使用する場合には、安全のために、必ず国内の正規品を使用しましょう。

 

一方で、5パーセントを超える、
高い濃度でのハイドロキノン入りの塗り薬は、医師の処方箋足には入手できません。
早く、確実な美白をしたいのであれば、必ず、
信頼できる皮膚科医のもとでハイドロキノン入りの塗り薬を使用し、
万が一異常が生じたら、たとえ小さなものであっても、すぐに医師の診察を受けてください。

 

頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

保湿も美白も同時にできるオールインワンゲル化粧品はご存じですか?時短にもなり、下手にコスメを組み合わせるよりも美肌効果は高いですよ!オールインワンゲル美白