ハイドロキノン 副作用

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは濃度が高ければ高いほど美白効果が高くなります。

効果が強い成分だけに、副作用もあるので、しっかり抑えておきましょう。

 

赤くなってヒリヒリする副作用

ハイドロキノンは刺激が強いため、肌が弱かったり、調子が悪いと、炎症を起こしてしまうことがあります。
肌が特に弱い目の周りは避けて、初めはシミがあるあたりを中心に塗って様子を見るようにしてください。
もし炎症を起こして赤くなったり、皮膚が向けてしまったときは、化粧品の使用を一時的に中止して、皮膚科に行くことをオススメします。
皮膚科でハイドロキノンを使える肌かどうかが確認できるパッチテストを受けることができるので、心配な人は、ビーグレンを購入する前に、皮膚科で相談してみるといいでしょう。

 

「白斑」ができる副作用

白斑(はくはん)とは、メラニン色素により黒っぽくなるシミではなく、逆に皮膚の色が抜け落ちて白い斑点ができることを指します。年齢を重ねて肌年齢の老化により、老人性白斑ができる人もいますが、ハイドロキノンの副作用で同じような斑点ができることがあります。

ハイドロキノンの副作用記事一覧

ハイドロキノンの副作用は?漂白効果による美白効果ハイドロキノンは、非常に効果の高い美白成分です。その効果の高さから、病院でのシミ治療に使われる塗り薬にも使用されているほどです。しかし一方で、比較的副作用が出やすいので、ハイドロキノン入りの化粧品は、それほど多くのメーカーから出されているわけではありません。ハイドロキノンの副作用としては、肌につける成分としては強い刺激を持つものであることから生じる、...