ハイドロキノン 皮膚科

ハイドロキノンドクター

ハイドロキノンは皮膚科よりもこの化粧品がオススメ

サイエンスコスメのビーグレンでシミが消える!?
シミが消えた!
今までどんな美容液などの化粧品を使っても、
シミが全く消えなかった人にオススメハイドロキノン

ハイドロキノンはシミの原因になるメラニンを合成する酵素のチロシナーゼの働きを弱めて、メラニン色素を生成する細胞「メラノサイト」の働きを抑制します。

ハイドロキノン配合化粧品なら「ビーグレン」




ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンは、効果が高いですが、刺激が強いです。
酸化してしまうと刺激が強くなりすぎてしまい、肌の炎症を起こしやすくなりますので、適切な使用方法を知っておく必要があります。
従来のハイドロキノンよりも安定化されたハイドロキノンであっても、肌トラブルを避けるために、注意しておきましょう。


ハイドロキノンを使っていて赤みがでたら・・・

ハイドロキノンを使って赤みが出たら、いったん使用を中止しましょう。
皮膚科で処方されたものであれば、濃度が濃いため、1週間ぐらいすると赤みが出始め皮がむけることがあります。赤みが引いたら、再度ハイドロキノンをシミがある部分に塗りましょう。そのサイクルを繰り返していくと、次第にシミが薄くなり、時間の経過と共にシミは消えていくはずです。
赤みが出ているときは、完全に隠すのは難しく、シミが逆に濃くなってしまっているように感じるので辛いですが、ここを乗り切れればシミが薄くなっていきます。皮膚が薄くなり、紫外線が皮膚の奥まで到達しやすくなるため、皮膚科で処方された薬やハイドロキノン化粧品の使用は夜のみで、昼は使わないようにしましょう。

ハイドロキノンの使用上の注意
肌の抵抗力が弱まり、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
朝、昼に使用するのではなく、
夜、寝る前に使用するといいでしょう。

稀にアレルギー反応を起こす人がいます。
心配な方は、皮膚科で腕の内側のパッチテストをしてもらうといいでしょう。アルコールのパッチテストと同じ要領です。
アレルギーは生まれつき?
先天的な症状だと思われがちですが、後天的に接触することで学習し、パッチテスト後にアレルギーを起こす可能性があります。もしハイドロキノンを顔につけて赤くなったら、皮膚科に行ってパッチテストをしてもらうとアレルギーが検出できます。

オススメのハイドロキノン配合のコスメはビーグレンです。

ハイドロキノンの化学式
美白コスメは、肌に浸透しなければ意味がありません。

美白成分は水溶性です。
一般的な化粧品では、肌バリアによって浸透させることができません。
シミの原因に働きかけることができないんです。
あなたが使っている美白コスメの効果が無いのは、肌に浸透していないからなんですね。

ビーグレンでは、浸透技術を使って、直接メラニンに働きかけるため、シミが改善されます!


 

 

ハイドロキノンとシムホワイト377を配合したサイエンスコスメ

あなたの美白コスメは、肌に浸透していません。

シムホワイト377でシミや美白を改善

ハイドロキノン
シムホワイト377
ビタミンC

美白成分は浸透技術を使って直接メラニンに働きかけなければ、シミは改善されません
シムホワイト377でシミや美白を改善


美白化粧品おすすめ